歯周病予防のできる人気おすすめ歯磨き粉10選

歯磨き粉 歯周病 予防

歯周病予防にピッタリな歯磨き粉の選び方とおすすめ10商品をご紹介します。歯ぐきが赤く腫れたり出血はありませんか?それらは歯周病(歯槽膿漏)の初期症状であり、放っておくと歯がグラついて治療が難しくなってしまいます。
歯ぐきが痛かったり口臭が気になってしまうと、おいしく食べることも楽しく話すこともできませんよね。歯周病予防に向いている歯磨き粉を使い、毎日正しいブラッシングをすることで歯周病対策をしましょう。

歯周病とは

歯周病 悩み
歯肉炎の症状が進行したものを歯周病(歯槽膿漏)と呼び、歯ぐきやアゴの骨を壊してしまう口内疾患です。歯周病の症状はわかりづらく、痛みが出始めた頃には完治が難しくなっていることが多いと言われています。
歯周病の予防や治療をしないままでいると歯が自然に抜けてしまうこともありますし、脳梗塞や心筋梗塞など重い病の原因にもなりえる危険な病気です。

歯周病の原因

歯周病 原因
歯周病は食べ物のカスなどの磨き残しによるプラーク(歯垢)が原因となって引き起こされます。プラークは放っておくと歯の表面で歯石となり、さらに多くのプラークを呼び寄せることに。。

そしてプラーク内の細菌が増えることで歯周病の進行が早まります。細菌は免疫力が低下するとどんどん増えていき止まることなく歯ぐきやアゴの骨を攻撃し続けるため、ブラッシングだけではどうしても防ぎきれません。

歯周病の症状

歯周病 症状
主な症状には以下のものが挙げられ、下に行くほど重度の歯周病となり、治療に時間がかかったり治療そのものが難しくなります。

  • 歯ぐきの腫れ、歯ぐきからの出血
  • 歯ぐきから膿が出る、口臭がキツくなる
  • 歯が少しグラつく、歯ぐきに多少痛みを感じる
  • 歯のグラつきを大きく感じる、歯ぐきの痛みを強く感じる

自分でできる歯周病の予防方法

歯周病 予防 対策
歯周病を治すことは難しくても歯周病の進行を自分で防ぐことはできます。歯周病の予防方法をまとめましたのでぜひ実践してみてください。

口内環境を整える

まずはプラークをできる限り残さないようにすることが大切です。そのためにも朝晩毎食後には歯磨きをし、歯間ブラシやマウスウォッシャーなどで口内環境を整えましょう。

免疫力を高める

ストレスや疲労によって免疫力は低下してしまいます。免疫力を高めておくためにも適度な運動と睡眠を心がけましょう。

タバコは厳禁

タバコに含まれるニコチンは歯ぐきからの出血が減ってしまい、歯周病の進行に気付きにくくなります。歯周病だけでなく口臭の原因でもあるので、タバコは控えましょう。

歯周病予防の効果が期待できる歯磨き粉の選び方

歯周病対策 歯磨き粉 選び方
歯周病予防に一番適しているのは日々の歯磨きです。歯周病に効果のある成分以外にも歯磨き粉には多くの種類があります。あなたに合う歯磨き粉を見つけられるように選び方や種類についてご紹介します。

歯周病予防に適した成分

歯磨き粉に含まれる成分はそれぞれが明確な役割を持っています。その中でも歯周病に効く成分が含まれていることを見極めて歯磨き粉を選ぶことが大切です。

ここに説明文を入力してください。 効果 成分
殺菌成分 歯周病の原因である口腔内の細菌を減らす イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、ラウロイルサルコシンNa(LSS)、塩化セチルビリジニウム(CPC)
抗炎症成分 歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に起こる炎症の抑制、歯ぐきの腫れや出血を抑える β-グリチルレチン酸、ε-アミノカプロン酸、トラネキサム酸
血流改善成分 歯ぐきの血流を促進し傷ついた歯周組織を修復する トコフェノール酢酸エステル(ビタミンE)、塩化ナトリウム

低研磨or研磨剤なし

研磨剤はホワイトニングには適していますが、歯や歯ぐきにダメージを与えてしまうことで歯周病の進行につながりかねません。歯周病予防を目的とした使用は控えておくとよいでしょう。

泡立ちによる使用感

低発泡のあまり泡が立たない歯磨き粉を使うことで、歯の状態を見ながらていねいにブラッシングできます。高発泡の歯磨き粉は泡立ちがよくブラッシング後の爽快感が特徴的ですが、特に大きなメリットもありません。

歯磨き粉のタイプ

スーパーなどでよく見かけるほとんどの歯磨き粉はペーストタイプで比較的使いやすい形状となっています。それ以外に、研磨剤が含まれていない製品の多いジェルタイプの歯磨き粉、初めから泡で出てくる泡タイプの歯磨き粉、マウスウォッシュとは異なりブラッシングを必要とする液体タイプの歯磨き粉などがあります。

歯磨き粉の価格

他の製品には見られない成分が含まれていたりすると、やはり価格は高くなりがちです。その分高い効果が見込めるかもしれませんが、歯磨き粉は消耗品なので継続して購入できるものを選べるとよいでしょう。

歯周病予防のできる歯磨き粉の比較表

歯周病予防のできる人気おすすめ歯磨き粉10選!

歯周病を予防するための歯磨きのコツ

歯周病予防 歯磨き コツ
歯周病予防に効果がある歯磨き粉を使っても、上手に歯磨きができなければ効果は半減してしまいます。歯周病予防に効果的な歯磨きのコツをご紹介しますので試してください。

歯ブラシは濡らさない!

歯ブラシを濡らすと泡立ちが良くなってしっかり洗えているような気がしますが、泡が立ちすぎると歯ブラシの先端が歯間に届かなくなってしまいキレイに磨くことができなくなります。

歯磨き粉の適量は1cm(約1g)

歯磨き粉を付けすぎると泡がよく立ってしまい、磨きたい部分を上手に磨くことが難しくなります。目安はブラシの半分程度の長さです。

うがいの水は大さじスプーン1杯程度(10~15ml)

ブラッシング後のうがいは少量の水で行い、回数は1度で十分です。量や回数が多いとせっかくの歯磨き粉の有効成分が流れ出てしまうのです。

うまくいかなかったときの対処法

歯周病 対処 歯医者
ブラッシングでできるのは歯周病予防と歯周病の進行を防ぐことですので、過信は禁物です。痛みが強かったり歯ぐきが膿んでしまっている状態であればすぐにかかりつけの歯医者に行って診てもらいましょう。
口の中がかゆくなるなど体に異常が出た場合にはすぐに製造元や販売元に連絡を取るようにしてください。また購入前にあらかじめ保証の有無を確認しておくと安心して使用ができますよ。

まとめ

歯周病 歯磨き粉 まとめ
歯周病のせいで食事や会話を楽しめなかったことでしょう。しかし普段の歯磨きが歯周病予防にはもっとも効き目があります。歯医者や歯科クリニックに行くことができなければ、まずは自分の生活習慣とブラッシングから見直してください。

歯周病による歯の痛みや気になる口臭に悩まされることがなくなれば、おいしく楽しく過ごすことができますよ。